大学生活って難しいですね。

こんにちは!

はじめまして。

3年次のちばと申します。

さて!!

今日は実委の新歓がありますね。

参加者が例年の3倍ほどとなっており、

こちら側としては嬉しいばかりです。

 

もう3年次かぁ…。

最近まで何も考えずに過ごしていましたが

もうそんなこともしてられません。

時の経過って

長いようで短いと痛感させられます。

と、いうわけで今回は

最近僕が時間について思ったことを

書こうと思います。

 

僕自身、もともと遊ぶことが大好きなので

大学入りたてから最近まで

ずーっと誰かと遊んでました。

ですが、今年の春休みあたりから

毎日を意味のあるものにしたい

という欲求が強くなりはじめました。

いままでだと、1人の時間が嫌いで

友達・先輩と遊んだりなどして

毎日過ごしていたのですが、

2年次が終わって振り返ってみたら

何も成長していないな

と実感してしまいました。

 

何も残らない日々を過ごすのが

とても悲しくて

2年次の時間を無駄にしてしまったなと

後悔ばかりが残ってしまいました。

 

いま、新入生・在校生ともに

サークル関係・カリキュラム設計等で

忙しい日々を送られていると思います。

毎日目まぐるしい生活を送るのも

とても充実していいとは思いますが、

少し立ち止まって1人の時間を作ることも

とても大切ではないでしょうか。

1人だから見えてくることも

きっとあるはずです。

 

どーでもいいですが、

最近、本を読むようになりました。

僕のイチオシは、

村上春樹国境の南、太陽の西

という本です。

最高に惹かれますよ。

いつかイチオシ本紹介とかしたいですね。