読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋田にはなにもない→秋田はバスケがある!!

みなさんこんにちは。

秋田大学祭実行委員3年次の虻川凌汰です!

 

みなさんに突然質問です。

「秋田で思いつくものを3つ出して下さい」

秋田県出身の皆さんは

3つどころかもっと出てくる人もいるでしょう。

逆に県外出身の方々は

あまり出てこないかもしれませんね。

 

県内・県外出身者は

「秋田には何もない」って言う人もいるでしょう。

そう思われても仕方がないです。

少子高齢化が一番進んでいる街なので、

いいイメージがなくて当然です。

 

そんなみなさん!

もう一回同じような質問したときに、

 

「秋田にはバスケがある!」

 

といってほしいなと思います。

秋田県には「秋田ノーザンハピネッツ

というプロバスケットボールチームがあります。

 

昨年、日本のバスケ界が変わったのを

知っている人はいるでしょうか?

Bリーグ

という野球・サッカーに次ぐ

プロスポーツリーグができました。

昨年までは、NBLbjリーグという

2つのリーグに分けられていました。

違いとしては

NBL=企業球団、bj=地域球団

と考えていただくとわかりやすいです。

秋田は創立してから今までbjに所属しており

強豪チームと言われ

ファイナル進出常連チームでした。

 

なぜそんなに秋田はバスケが強いのか?

理由は2つあります。

1つ目として

能代工業高校という全国屈指の強豪チームの存在。

卒業生にはNBAで唯一日本人として

活躍した田臥選手がいます。

 

2つ目として

クレイジーピンク

と言われるブースターの存在。

バスケのファンのことを

「ブースター」と呼びますが、

秋田のブースターは日本一と呼ばれる位

クレイジーな一面があります。

なんといってもアウェー戦でも

北は北海道、南は沖縄まで応援しにいき

会場をピンクに染めちゃうのです。

 

そんな秋田はBリーグ初年度結果が出せず、

1部から2部へ降格してしまいました。

降格が決まった瞬間秋田のブースターは涙を流す。

選手と共に涙を流し、悔しむ。

ブースターにこんなに愛されているチームは

秋田だけです。

 

秋田にはなにもない。

いや、秋田にはバスケがある。

そして秋田県民には愛がある。

ぜひこのブログを読んで、

秋田に興味を持ってもらえたらと思います。

好きなことして、生きていく。

初めまして!

秋大祭実行委員3年次の田山です。

 

5月も後半、

実行委員会内では

今年の秋田大学祭についてのMTを

2年次が中心となって毎週行っています。

 

2年次が色々と動いているところを見ていると

「去年の自分もこんな感じだったなあ」

 と思う傍ら

「この時期から根を詰めてはいけないぞ」

 とも感じています。

 

私は昨年、

副委員長と模擬店の責任者を務めていました。

模擬店担当は2人だけでしたが、

資料作成や各対応については

MTをせずにその場で決定し、行動していました。

そのほうが分からないことがあれば、

他の人にすぐ質問して判断できて、

仕事がやりやすかったからです。

 

ただ、それでも良い考えが浮かばず、

作業が止まってしまうことが多々ありました。

期限もあるため

早急に考えをまとめなければいけません。

 

完全に行き詰まり、

手が止まったときに何をするか

 

それは、、、

作業を忘れておもいっきり遊ぶことです。

 

部室にいる部員を誘い誘われ、遊んでいました。

 

そのときにしていたのが

様々な道具を使って遊ぶ「ボードゲーム」です。

 

現在でも私はMT終わりや作業で行き詰ったとき、

そして、暇なときなんかは

部室で様々なゲームをして遊んでいます。

 

そのゲームがこちら(ヒカキン風)

f:id:A_U_Fest:20170519173622p:plain

 

種類は少ないですが

これからどんどん増やしていく予定です。

(3年次有志たちが)

 

ボードゲームは自分の手を動かし、

相手と会話もします。

誰かと一緒に楽しく盛り上がることで

息抜きしやすいと私は思っています。

また、この時期だと

知らない部員の顔も覚えるで一石二鳥です。

 

この記事を見ている皆さんも

大学のレポートだったり、仕事だったり、と

これから何度も行き詰まり、

ストレスの貯まる状態に陥ることが

あると思います。

 

そんなときこそ

自分の好きなことを全力でやりましょう。

それって先延ばしをしてるだけじゃない?

と思うかもしれませんが、

人生楽しんだもん勝ちです。

好きなことしていきましょう。

 

もしまた記事を書く機会があれば、

私の好きなことを

おもいっきり紹介したいと思います。

 

ありがとうございました!

山に登る、ということ。

どうも、初めまして。

3年次の脇野凛太朗と申します。

 

桜が散っているのを見ると

「ああ、春が来てからそんなに経ってしまったか」

なんて思うこの頃。

一ヶ月以上前まで厳しい寒さが

支配していた秋田でしたが、

街の木々には青葉が茂り始め、

積りに積もった雪も平地だけでなく

山間部でもかなり解けているかと思います。

そう、雪解けですよ。

 

そして、私にとってそれは

山入りの解禁を意味するものでもあります。

 

 

私、秋田大学内にある「ワンダーフォーゲル

というサークルに所属しています。

簡単に説明しますと、

登山を中心に自然の中でのレジャーを

楽しむためのサークルですね。

Twitterにもアカウントがありますので、

そちらを見て頂ければ

なおご理解いただけるかと思います。

 

秋田には全国的にも有名な山が

いくつかあります。

「秋田富士(出羽富士)」の名で親しまれ、

日本百名山にも数えられる鳥海山

その最たるものでしょうか。

私も2~3回登ったことがありますが、

晴れた日に山頂から望む景色は

一言で言えば「絶景」です。

秋田・山形の大地を360°見渡した時の感動は、

今でも新鮮に思い起こされるものです。

乳頭温泉郷の近くに位置する

秋田駒ヶ岳もその1つでしょう。

f:id:A_U_Fest:20170508165232j:plain

 

山に登るってのはいいものです。

季節の移り変わりを目で捉え

肌で感じることの気持ちよさ。

厳しい道のりを越え頂に辿り着いた時の達成感。

普段は見ることのできない景色を味わえる高揚感。

下山後に入る温泉が身に染みるあの感覚。

 

そして、山とは全く関係ないけど

帰還後にメンバーと飲む酒の美味いこと!

その日に得られた達成感、

そしてメンバー達と共に過ごした時間が

そうさせているのだ、と自分勝手に思っています。

 

 

話は変わりますが、

他人に自己紹介をした際に

 

「どうして山に登るの?」

 

とよく聞かれることがあります。

 

 

「そこに山があるからだ(キリッ)」

 

と冗談めかして返すのがいつもなのですが、

本当はそうじゃないんですよ。

 

今の時分、

スポーツと呼ばれるものはたくさんあります。

大学内のサークルという風に限っても、

両手の指じゃ収まらないほどです。

そんな中、どうして登山を選んだのか?

 

それは

「俺が歩くのが好きだから」

だと思います。

 

 

もっというなら

「一歩一歩、自分の脚で

 大地を踏みしめてゆくのが好きだから」

なのだと。

 

その趣向に最もマッチしたのが、

登山だったというわけなのだなぁ、

としみじみ考えてみたりするのです。

 

拙文ではありましたが、

今回はこんなところで

締めさせて頂きたいと思います。

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!

ご挨拶と近況報告

 

はじめまして、1年次の松本砂亜耶です。

 

 

今回初めてブログを書くにあたって、

過去の記事を読ませていただいたのですが、

先輩方のように

面白い記事を書けそうもないので、

どうしようか三日三晩ほど悩みました。

 

 

 

うそです。

悩んだのは本当ですが、

三日三晩は言い過ぎました。

 

 

 

思いつくことがなかったので、

 

最近買った豆苗の成長速度と

豆苗の可能性(?)について書こう

 

と思ったのですが、

友人に「さすがに最初にその話題はやばい。」

と止められたのでやめました。残念です。

今回は断念しましたが、

そのうち需要があれば書きます。

豆苗おいしいですよ。

 

 

 

さて、だいぶ無駄なスペースを

とってしまいましたね。

そろそろタイトル通りの話をしたいと思います。

 

 

私はこの春高校を卒業し、

新生活をスタートしました。

 

引っ越して来てから入学式までの数日、

大学生活と一人暮らしへの期待と不安で

いっぱいでしたが、

現在は友人も増え、学校生活を楽しんでいます。

日に日に大学生活に慣れてきましたが、

気を抜くと生活習慣が乱れまくりなので

気をつけたいです。

 

さらになんと言っても、

家事を毎日するのも大変です。

料理を作るのは数少ない趣味なので

全く苦ではないのですが、

私は掃除が苦手なのでいつか

お掃除ロボ ルンバくん

を買うことが今の密やかな夢ですね。

 

 

最後に

先日、第1回ミーティング&新歓を終え、

今年度の秋大祭実行委員会が発足しました。

 

私たち1年次をあたたかく迎えていただき、

また、新歓の企画等々ありがとうございました。

この場をお借りしてお礼を申し上げます。

(ごちそうさまでしたm(_ _)m)

 

今年度の新入生は例年に比べ、

非常に多いそうです。

正直、私も同じ学年の人たちの

顔と名前が一致していません。頑張って覚えます。

 

先輩方にはたくさんご迷惑を

おかけすると思いますが、

ご指導よろしくお願いします。

 

 

 

まだ第1回ミーティングを終えたばかりですが、

楽しそうな企画がたくさんあるので、

乞うご期待ください!

学生及び来場者の皆様に楽しんでいただけるよう、

委員一同協力して

秋大祭を作り上げたいと思います。

温かい目で見守っていただけたら幸いです。

 

 

 

…こんな感じで大丈夫でしょうか?

最後まで何だか煮え切らない感じですが、

そろそろ終わりにしたいと思います。

お付き合いいただきありがとうございました。

 

次回の実行委員会のブログもお楽しみに~。

春のお便り到来!

f:id:A_U_Fest:20170430122030j:plain

はじめまして~

秋大祭実行委員3年次の村上遥です。

 

北国秋田もようやく桜が満開になり、

長い冬の終わりを感じさせてくれています。

開花したばかりの頃は悪天候が重なり、

花見をする前に散ってしまわないか心配でしたが、

今年も綺麗な花を咲かせてくれました。

 

平安時代歌人である在原業平は、

 

世の中に 

たえて桜のなかりせば

春の心はのどけからまし

(もし世の中に桜がなかったら、

 春はこんなに心を乱されることはなかっただろう)

という和歌を残しています。

 

いつになったら咲くだろう

強風で散ってしまわないだろうか…

今年の桜はこの和歌を思い出させてくれたなぁと

つくづく感じました。

 

この和歌には対になる和歌があります。

 

散ればこそ

いとど桜はめでたけれ

うき世に何か久しかるべき

(桜は散るからとても美しいのだ。

 このつらい世にいったい何が変わらずに

 あることができようか。)

 

儚いものだからこそ、その美しさが際立つ…

私もここ数年でその美しさに魅了された1人です。

 

私の母校はやたら桜に囲まれている高校でした。

学校の住所も、校章も、敷地にも桜…

気持ち悪いくらい桜まみれです。

敷地の桜なんて多すぎて

切り倒している時がありました。

なのにまた新しい桜を植えていました。

……先生方は何を考えていたのやら。

そんなこんなで高校生活を

桜の木とともに過ごしたことで、

桜の美しさに洗n…魅了されたんです、たぶん。

 

もうすぐ桜の花も葉に変わり、

季節は初夏へと移り変わっていきます。

秋大祭の準備も始まりますね。

まじめな話すぎて面白くないかもしれませんが、

秋田の四季や大学での出来事なんかを

再び綴れたらいいなと思います。

 

では、また今度!

 

 

 

映画レビュー『バットマン ビギンズ』

こんにちは、伊藤篤賜です。

初めまして。

 

この記事では

映画の感想について書きたいと思います。

(自分が映画を好きだからです。

 ちなみに洋画中心です。)

 

今回の作品は「バットマン ビギンズ」です。

 

バットマンは名前の通り

コウモリがトレードマーク、

全身黒い衣装の特殊能力とかない

普通の人間です。

(アイアンマンと同じですね。

 色々似てるところも多いです。

 大金持ちで様々な武器を匠に使います)

 

ビギンズ。

つまり「始まり」ということで

バットマンの誕生を描いている作品です。

 

この作品のおすすめポイントは幾つかあります。

 

時折交じるジョークがユーモアに溢れていたり

 

感銘を受ける名言があったり

(『人の本性は行動で決まる』

 『人はなぜ堕ちる?這い上がるためだ』

 『本当の恐怖は己の中にある』などなど )

 

多彩な手段で敵を倒していくアクションだったり。

 

見どころは多いです。

 

トーリーですが、

目の前で両親を殺された御曹司

ブルース・ウェイン(後のバットマンです)は

悪を倒すため、恐怖と戦うために世界を旅します。

修行により打ち勝つすべを学んだ彼は、

その後生まれ育った街、

ゴッサムバットマンとして悪と戦います。

 

単純にアクション映画としても楽しめますが、

この映画に私は

他のアクション映画にはない礼賛を覚えました。

実はわざわざ感想を書くために

もう一度見直したので、

そのせいかもしれないですが。

続きの作品のことも考えると

特に「やっぱりいいなあ」と思ってしまいます。

 

悪と戦うために二重生活を強いられるのは

ヒーローの宿命ですが、

バットマンは自身の正体を公に明かさず、

警察にも追われます。

いわゆるダークヒーローというやつですね。

悪を倒すために悪をなします。

根っこは正義ですが、

色々ものを壊しまくりますし、

法を破ることもいといません。

しかしそれでも、

自分に課したルールを守るために

身を粉にする姿には痺れます。

 

CG要素も少なく

あまりにも突拍子もない理論も

でてこない(ような気がする)ので、

壮大な人間ドラマを見た、

というのが印象としてあります。

 

最近はアメリカン・コミックのヒーローがあふれているので(スパイダーマンも2、3人いますし、バットマン、スーパーマンも何人もいますし)

遠慮する人もいるとは思いますが、

見て損はないと思います。

 

次回作「ダークナイト」、

そして最終作「ダークナイト・ライジング」と、

展開に高揚せずにはいられない!

ぜひ見てみてください!

 

では今日はここまで。

次は多分次回作の「ダークナイト」について

書くと思います。

お楽しみに!

 

第1回MTを終えて。

はじめまして!

 

 2年次委員の今井あゆみです。

 

 今回が私にとって

人生初のブログになるのですが、

私たち秋大祭実行委員会の活動の様子と、

私が最近気づいたことについて

書いていきたいと思います。

 

 まず実行委員会での活動についてですが、

先日22日に第1回目の全体でのミーティングと

新入生歓迎会を行いました。

 

ミーティングには新入生22人が参加し、

それに加え2年次以上の委員も参加したため、

とても大人数の会議で驚きました!

 

まさか新入生がこれほど多いとは…

と会議室の一番後ろで思っていたのですが、

私としてはとても嬉しいです!

そしてたくさんの女子が入ってくれたのも

本当にうれしい!щ(゜▽゜щ)

 

まさにガッツポーズものですね。

 

会議では、今年度の秋大祭のテーマの発表

各役割班の仕事内容、活動計画等についての話

新入生から希望をとり、どの役割を担当するか

などの決定を行いました。

 

いよいよ新規の秋大祭実行委員会が

動いていきますね…!!

 

私も2年次としてできることを

しっかりとしていこうと思いました。

 

 

 会議の後は新入生歓迎会でした。

昨年私も先輩方に連れていってもらったのですが、

今回の食事会の規模は

おそらくその5倍近くなのではないかと思います。

 

新入生は皆フレンドリーで、親切で、

話していてとても楽しかったですq(^-^q)

中には個性的なタイプもいて、

もともと濃い実行委員会メンバーが

さらに濃くなりそうだな…なんて思いました(笑)

新入生と上級生の交流が

かなり深まったのではないかと思います!

 

こんなかんじで実行委員会の活動をしています。

 

ここから先は

私が最近気がついたことについて書いていくので

読まないという方向で全く構いませんよ(笑)

 

 

4月23日に

映画を観に行ったついでに服を買いました。

 

真っ赤なカーディガン。

 

とても鮮やかな赤です。

 

店員さんと話した際、言われたのが

「靴下も赤色で、

 普段赤を差し色で使われるのですか?」

 

という言葉でした。

 

その時気がついたのです。

服を買う際必ずと言っていいほど

店員さんに言われてきたのが、

 

 「赤がお好きなのですか?」

 

 「本日着ている服も赤ですね♪」

 

などと「服=赤」に関することばかりです。

 

冷静に考えると

私は同じような赤いものを

たくさん持っていました。

 

例えばマフラー。

私の持っているマフラーは7本中7本が赤でした。

カーディガンでは目につく赤いものが5つ。

 

なんか馬鹿みたいだな…と軽く思いつつも、

なんでそんなことになったのかを

考えてみて考えついた結論は……

 

「特定のものばかりを集めてしまう収集癖があり、

 そのため

 赤い似たものを多く持つということである。」

 

です。

 

 

というわけで

赤いものを身に付けてることが多々あります。

 

冬場はマフラーを必ず着用しているため

毎日赤ですね(笑)

 

あっ!ちなみに手袋も赤です!

 

冬の秋田大学で赤いマフラーで赤い手袋だったら

私ですね(^_^;)

 

とまあどうでもいい話を

つらつら書いて失礼しました…。

 

では私の話は終わりにします。

読んでいただきありがとうございましたm(。_。)m

 

次回の実行委員会のブログをお楽しみに!